2024年4月 6日 (土)

PCも入れ替えていた

昨日、PCモニターの入れ替えの事を書きましたが、よく考えると2月にPC本体も入れ替えておりました。

前のPCはHPのゲーミング用と言われるPCでしたが、ゲーミングとは名ばかりでVideoカードなんてモノは搭載されていないモノでした。当時はゲームなんてしないのでビデオカードには関心は無く、CPUが少しでも馬力のあるCore i7で安価だったので選択。

しかし、このPCでは近年のAdobeのAIノイズリダクションが使えない(処理にえらく時間が掛かる)ので、ビデオカードの追加を考えていましたが時折マウスカーソルが暴走するというワケの分からない現象が出るのでPCの入れ替えを決断しました。

このマウスカーソル暴走はやっかいで、カーソルが画面中を高速で動き回り、なおかつマウスのクリックもしているので、勝手にPCを操作されてしまいます。下手するとファイルを壊される恐れもあります。こうなると電源ボタンを押してシャットダウンするしかありません。マウスやキーボードでのシャットダウンは絶対出来ない状態になります。

ウィルス感染を疑ったり、USB周りやマウスのドライバーの入れ替え/アップデートをしましたが改善しません。現象は頻繁に出るのでは無く、ある日唐突に出るので、何か手を加えても効果があったのかどうか判断が付きません。
イチからPCを初期化する事も考えましたが、手間を考えるとぞっとします。
そんなワケもあってPCの入れ替えを決断しました。

今度は米国(の国家組織)では使用禁止のLenovoのゲーミングPCにしました。もちろんゲームは全くしませんがAdobeのノイズリダクションを使いたいので、一応RTX4060(以上)搭載で比較的安価。そしてなによりなるべく小型である事と言うことです。

実はHPではもっとお安いモデルがあったのですが、注文したところ納期未定(不明)でラチがあきません。これって、不動産でよくあるおとり物件みたいなモノ。先日のノートPCの電池の件もあってHPには見切りを付けました。

てなワケで、防備録としてPCの入れ替えもここに記載しておきます。

そうそう、肝心のAIノイズリダクションですが、前のPCで5~10分(画像やサイズによって結構バラつく)掛かっていたのが、10~20秒程度になりました。劇的な改善ですが10秒以上掛かるとやっぱり待たされる感じがします。

| | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

PCモニターの入れ替え

PCモニターを入れ替えました。

今まではナナオのCG222Wという22inchのモノで、おそらく2008年くらいから使用していました。その前もナナオの液晶を使っていましたが、今回は台湾の27inch(WQHD)にしました。
液晶モニターは随分と値下がりしていて、27inchだと¥10k台からある様ですが写真にも使うという事で今回もカラーマネジメント対応のモノを購入。

まだ一日しか使ってないのですが、表示品質は良い様に思います。(ゲームなんぞしないので、そちらの品質は分かりませんが、、。)
昔はうるさく言われていた輝点の問題もざっと見た感じでは無さそうです。製造品質が向上したのでしょうか?
遮光フードは必要無いのですが、箱に入れたままだと結構大きくて邪魔になるので取り付けました。

ネコ便で来たのですが、箱の大きさにはビックリ。段ボール箱の縦(約50cm)と横(約70cm)はパネルサイズから妥当な大きさですが、奥行きが43cmと非常に長い。ビックリするほど重いわけでは無いのですが、奥行きがあるので一人で抱えるのは少々大変。女性が配達してくれたのですが、少々小柄な彼女には大きすぎるのでトラックで受け取りました。(彼女は恐縮されてましたが、、)

壊れやすいモノなので内部の空間をそれなりとっている為、段ボールの量と空気の量が多くなった様です。同じ液晶ディスプレイでもテレビなんかはもっと箱が小さいと思います。

CG222Wは壊れたわけでは無く、まだ使えるのでサブディスプレイにする予定ですが設置場所とPCの位置からモニターケーブルの長さが少々不足。また、少し高い位置に置くので地震対策も必要に思い、設置は後日の予定。

20240405
室内作業のメモ用に置いてある昔のコンデジで撮ったらえらく直線が曲がっている。。

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

おいおい、Adobe(怒)・・・サポートポリシー変更

何だかな~。所謂、プロ御用達って事からか通常版はとっても買えないってプロダクツが多いAdobeですが、アップグレードパスを使えば1/3位の価格で買えます。
昔は、バンドル版からもアップグレードが可能で、それも数世代前のバージョンからでもUPGがOKでした。
かく言うワタクシもPhotoshopはその昔、スキャナーにバンドルされていたVer3のLE版からのUPGで導入致しました。
それが、数年前からVer UPは3世代前までとかになって、お高くとまりやがって・・ってAdobeに対してはネガティブなイメージが少し芽生えてました。それが、今回発表されたアップグレードポリシーの変更では一世代前・・つまり毎回Ver UPしないとダメよって事になった模様。なんじゃ~・・・
今はPhotoshopとLightLoomを使ってますが、気分的にはAdobeなんか止めちゃおうかって感じです。少なくとも、エレメンツに替える事を考えようか・・な。(そうそう、Acrobatも使ってるわ・・汗)

Adobeには昔のおおらかさを取り戻して欲しいです・・・・。

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

ADATAのUSB3.0メモリー(訂正しました)

何を思ったか・・・・USB3.0のUSBメモリーを購入しました。それもADATAの・・・
暑さのせいでしょうかね。
NOBILITY N005って箱に書いてあります。ちょっと長くて大きいです。

CrystalDiskMarkでベンチマーク取ってみました。

先ずは、ADATAのUSB3.0メモリー。最初からNTFSでフォーマットされてました。
(8/24訂正 ^^; 当初のベンチマーク結果はUSB2.0のポートでの結果でした(汗))
Adata_usb3_p7h57

手持ちのUSB2.0のメモリー(メーカーは?? PicoDrive Dual Xって書いてある。)
Crdiskmark_usb_memory1

因みにHDDを(WDC10EARS 5400rpmのやつを使ってます。)
Hdd_wd5400rpm

まぁReadyBoost以外に使い道は無いのは最初から分かってたんですが、USB3.0の効果はあるのでしょうか・・・微妙・・・。

8/24訂正です。(冷汗もんです)
当初は誤ってUSB2.0のポートでベンチマークを取ってしまいましたので結果を入れ替えました。この結果を見る限りReadは大幅な改善が見られますがWriteはUSB2.0の時と比べてあまり向上が見られません。
USB3.0はインタフェースとケーブル、そして対応周辺機器(メモリーやHDD)の3点が揃って初めてUSB3.0として動作する様です。この内、どれか一つでもUSB3.0に対応していないとUSB2.0として動作するとの事です。

参考までに、最初間違って掲示していた結果をUSB2.0のポートで使用した時のベンチマーク結果として貼り付けておきます。
Adata_usb3_16g

| | コメント (2)

2010年8月15日 (日)

Silkypixとマウス

Windows7(64bit)に移行して使いにくくなったのがSilkyPixです。
移行した時にマイクロソフトの小型のワイヤレスマウスに換えたのが災いしました。
サムネイル・ウィンドウでホイールが使えなくなってしまったのです。
この症状はSilkypixのWEBサイトにも出ている様ですが、マイクロソフトのMobile Mouseが悪いとの事でVer UPでの対応もされない様です。
確かに他のマウスではちゃんと動作します。市川ソフトが言う事が正しいのでしょう。
でも、不便なんです。

最初は小さすぎて使いにくい感じもあったMSのMobileマウス(4000)ですが、使い慣れると大きなマウスや線付きのマウスに戻す気がしません。
永らく不便を感じたまま使っていましたが、思い切って同じ様な仕様のロジクールのマウス(M305)を買って来ました。
早速つなぎ替えるとSilkypixのサムネイル・ウィンドウでも正常にホイールが使えます。
でも、なんかロジクールのマウスはホイールの音とか作りとかが安っぽいんです。

結局、PCに両方のUSB受信部を付けておいて、Silkypixを使う時はロジクールを、それ以外はMSを使うと言う安直な方法に落ち着きました。
W_mouse

そうそう、ロジクールのマウスの入れ物に”プラグ&フォゲット”って書かれています。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

ReadyBoostのタブが出ない

何ででしょうかね???
Win7を導入した当時からReady Boostを使用しておりましたが、ある日何気なくReadyboost用のUSBメモリーを再フォーマットするとReady Boostのダイアログが出なくなってしまいました。
WEBで検索するのですが、Vistaとは少し異なるのかWindows7の対処方法が見つかりません。(OSを再フォーマットってのは無しです。)

USBメモリーを差すと、この画面は出ます。
Usbmomory

そしてシステムの高速化を選んでクリックしますが・・・
RedyBoostのタブがありません。
Photo_2

一応、手持ちの他のUSBメモリーも試して見たのですが同じです。
う~ん・・・・・・。

短いですが、今日から夏休みを取りました。

8/15追記:
McAfeeもおかしなエラーが出る様になったので、結局Win7を上書きインストール(アップデートインストールとWin7では出ていました)したら、ReadyBoostのタブも出て来る様になりました。なんだかなァ・・・・ やっぱ、Windowsだからですかね~。

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

ワイヤレスマウス(カクカクするよ)

PCの入替えを進めておりますが、ついでにマウスも新しい物を物色。
マウスの取り回しを考えると、ケーブルはなるべく細い・・か無い(ワイヤレス)が良い。何か良いものは・・と、特に下調べもせずにPCショップで物色を致しました。
その結果、少々小振りですが、マイクロフトのMobile Mouse4000と言うやつがお値段的にも我慢出来そう。

早速、小さな送受信(ブルーツースと思われる)ユニットをPCの背面のUSBポートに差します。すると、スルスルとドライバーのインストールが済んで無事に使えます。これはお手軽だね・・・。

って思って使い出すと何か変。時々ですが動きがカクカクします。まるでCPUやHDDのアクセスに忙しくてマウスなんぞ相手にしてられないぜ!・・って感じがします。
これは、失敗かな・・・或いは、何かセッティングの妙でもあるのか??って事で、コントロールパネルを開いたり、インターネットで検索したり・・・。
電波が弱くなると、カクカクすると言う情報を見ましたがマウスと送受信ユニット(USB)の距離は1mも有るか無いか。まさかこんな近距離ではそれも無いでしょう。何よりマウスを離して2m以上の距離にしても取り敢えず動いてるし~。
てな事で、数日が過ぎて”こりゃ外れを引いたか・・”と思いつつ、一応電波が弱いと言う唯一のそれらしき情報を再度確認すべく、送受信ユニット側をPCの背面から引っこ抜いて全面のUSBポートへ差し替え。この時に、送受信ユニットのプラスチックの蓋(?)が外れてしまいました。ヲイヲイ、ここって、接着されてないの?? 取り敢えずフタ部分をもう一度もとの所に押し込むと取り敢えず収まりました。(また外れるだろうけど・・・)

Img_0728

取り敢えず送受信ユニットとマウスが近付いた為かカクカクとなる頻度が少しマシです。更に送受信ユニットの前でマウスを使うとカクカクが起こりません。 やっぱり~?
結局はUSB延長ケーブルで送受信ユニットをマウスに近付けた状態にしてからは全くカクカクしなくなりました。最終的にはセッティングの都合で直線距離で60cm程度まで離した状態になりましたが、間に障害物が無い状況にしました。この手のワイヤレスって思った以上に設置状態の影響を受ける様ですね。距離もさることながら、マウスと送受信ユニットが見通し状態である事も大切な様です。
まぁ、超小型の送受信ユニットですから、アンテナなんてのも殆無きに等しいでしょうからね。

一応、その状態で数日使用しておりますがマウスがモバイル用なので少々小さい事を除けば使用感はまずまずです。しかし、取説も見ずに使ってるけど有効な使用距離については大きな注意書きを入れて欲しかったです。(取説に書いてあったらマイクロソフトさんゴメンなさい)

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

メインPC入替え中

さっぱり放置状態のblogですが、単にオサボリだったのではありません。
4年半ぶりにメインPCの入替えを進めております。VistaをパスしてWin7への移行です。
その昔、不安定なOSやパーツ等で痛い目に合ったトラウマから、新しいPCを導入して即日入替えと言う様な事は致しません。移行した途端にトラブルにハマって難儀したって経験が結構ありましたから・・・。取り敢えず、新しいPCとOSが本当に大丈夫か・・・って感じで恐る恐る(^^;)の移行です。
前のPCがNECの水冷式静音PCなので、今回も同様な物を・・と思ったのですが、どうも其の様な物は一般的な製品には無く、マニアの自作に限定されている様です。

WEBでいろいろと調べた結果、某ショップブランドのPCにする事になりました。
静音をうたっている為か少々(かなり)お高い。う~ん・・・・エプソンダイレクトのPCもスタンバイ状態での騒音レベルを記載しており、某ショップブランドより音圧レベルは高い物の、測定条件はエプソンの方が厳しい模様。これでは大きな差が無い様に思えます。その上、メーカー製の方がずいぶんとお安いです。安心感を考えるとメーカー製か・・・。

迷いましたが、結局は高価で胡散臭い(?)ショップブランドにしました。
理由は・・って、カタログ的なスペックが同じでも使用パーツが全然違います。
まぁ、細かな葛藤の事は置いておいて目をつぶってWEBから注文しました。1週間も立たない2月26日にブツが届きましたが、届いた物を見て思わず・・・デケェ~。どこに置こう・・・・(この時はシマッタ感でイッパイ)

取り敢えず、机の上のレイアウトを変えて設置して今に至っておりますが、実際に使って見ると・・・静かです。
少々クタビレて五月蝿くなっていると思う水冷式よりは静かです。勿論、無音ではありませんが、静音の看板に偽りなしと思います。

また、筐体が大きい事によって放熱にも余裕があるのでしょうか、マザーボード(ASUS)のユーティリティで見る限り、少々負荷を掛けてもCPUの温度は室温に対して+20℃程度までしか上がりません。(Core i5-661) これは安心感があります。

また、HDDにWesterndigitalの5400rpm/1TBを選んだのですが、こいつが本当に静か、かつ振動が少ない。
HDDの場合、シーク音やディスクの回転音を気にしますが静音を考える時は振動の大小も大切です。(設置によってはブーンと言う音が盛大にする事がありますから・・)

そんなこんなで、未だ移行途上ではあります。1週間以上経過して、トラブルも無さそうなので本格的に移行作業を進めなくてはと思っております。

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

がんばる更新料ゼロ

昨年の夏前にメジャーアップした更新料ゼロのセキュリティソフトが夏頃から検出率を上げて来たので、このまま頑張るのか?と思っていたら、とうとうメジャー所と肩を並べる様になっている様です。
まぁ、この手のランキングは評価によっても結構変わる様ですが・・・・。

所で、検出率が胡散臭いって事で乗り換えたノートンが逆転されてるって・・・ヲイヲイ -_-;

| | コメント (0)

2009年9月14日 (月)

ビデオカードその後

一ヶ月ほど前に右往左往してRadeon HD4550に交換したのですが、その後はどうか・・と言うと、実はGF9400GTに再度交換しちゃってます。

HD4550に交換してからいきなりブルー画面が出て再起動・・なんて事は無かったのですが、時折、PCの電源を入れた直後に固まったり、終了の途中で固まったり・・と、やっぱり不安定な感じが付きまといます。

それでも、普通にPCを使っている時は特に問題も無い事から使っておりましたが、ある日PCの電源を入れると、いきなり英語でなにやらパラパラと文字が出てきます。
なにやら、HDDが危ないので早くバックアップを取れ・・って言った様な内容です。
(内容は今となっては記憶の彼方・・・S.M.A.R.T情報からBIOSが警告を出した様です。)

こりゃイカンって事で、早速新しいHDDを購入して来て古いHDDの中身を丸ごとコピーしました。(ライフボートのコピーワークスと言うソフトはこんな時に手軽で便利です。)
最近の大容量のHDDを丸ごとコピーするのにはえらく時間が掛かりましたが、幸いにしてHDDが完全に逝かれる前だったので無事に環境を新しいHDDに移行する事が出来ました。

ひょっとすると、調子が悪かったのはこのせい??って事で、HDDを載せ替えるついでに、ビデオカードを再度GF9400GTに載せ替え。

あれから、二週間程度経過しておりますがGF9400でもすっかり安定に動作しております。
調子が悪くなったHDDはこの春に購入したモノで、保証期間中ですが日付無しの保証書なので、レシートが必要です。でも、そのレシートが見つからないのです。(悲)
まぁ、運が悪かったと思って諦めております。

| | コメント (0)